【Kyash 改悪】 2019年10月から還元率1%へ。 それでも絶対に使った方がいい理由。

引用:https://kyash.co/

 

【Kyash】

完全無料で発行できて、いつでも2%キャッシュバックしてくれる素晴らしすぎるプリペイドカードです。

Tomもしっかりお世話になってます。
というか、メインカードの勢いで使わせてもらっています(^^)/

 

その【Kyash】が、2019年10月1日からキャッシュバック還元が1%に変更になるみたいです(泣)
下記公式サイトからご確認ください。

10月1日より「Kyashポイント」がスタート。同時にキャッシュレス・消費者還元事業によるポイント還元もスタート! - Kyash NEWS
Kyash News

 

なんだか新しいポイント制度が始まって、今までよりさらにお得に使えるのかと、最初Tomは期待したのですが、かいつまんで言えばキャッシュバック還元が1%に改悪されるだけという悲しいお知らせでした(‘Д’)

 

それでも、タイトルにも書いてあるとおり、【Kyash】はこれからも使い続けるべき!
というのがTomの結論です!

この記事では、これからも【Kyash】を使うメリットや、そもそも【Kyash】って何だ??という人のために【Kyash】とはどういったカードなのかの説明などもしていきます。

 

 

スポンサーリンク

そもそも【Kyash】とは??

Kyashには、「リアルカード」と「バーチャルカード」があります。

 

リアルカード

実店舗でもオンラインでも使えるVISAプリペイドカード。

クレジットカード(VISA)が使えるお店なら、ほぼどこでも使えます。
ただ、リアルカードにはICチップがついていないので、暗証番号を入力しないといけないお店では使えないので、そこはご注意ください。

1回/1日の利用限度額:5万円

1ヶ月の利用限度額:12万円

 

バーチャルカード

スマホアプリとして表示するオンライン専用のカード。
なので、実店舗では使えません。

メールアドレスと携帯番号だけで、1分で発行できてすぐに使えます。

 

1回/1日の利用限度額:3万円

1ヶ月の利用限度額:12万円

 

 

⇒実店舗で使えることや、1回/1日あたりの利用限度額が高いことなどから、Kyashを使うなら「リアルカード」で考えておくのがTomはいいと思います(^^)/

 

キャッシュバック還元率が2%!  ←(2019年9月30日まで!)

Kyashで支払いをすると、後日支払い金額の2%の金額がKyash残高に還元されます☆彡

Amazonギフト券も2%キャッシュバックの対象となっているので、凄いです!

ただ、2019年10月1日より、このキャッシュバック還元率が1%に変更となります(T_T)

←因みに、1%となるのはリアルカードのみで、バーチャルカードしかない人は0.5%キャッシュバックと超改悪となってしまうので、リアルカードは必須です!

 

簡単に2重取りができる!

Kyashは、クレジットカードを登録して使います。

Kyashに登録できるクレジットカードのブランドは、「VISA」と「Mastercard」のみです。

 

(例)「楽天カード」をKyashに登録して、Kyashを使う場合

Kyashで支払うときに支払い金額に対してKyashの残高が足りない場合は、登録しているクレジットカード(この場合は楽天カード)から不足分が自動でチャージされます。

具体的にいうと、Kyashの残高が0円のときに1,000円の買物をした場合、登録している楽天カードから即座に1,000円が自動でチャージされ、買物が成立します。

つまり、
・楽天カードでKyashにチャージ (還元率1%)
・Kyashの決済で、キャッシュバック (還元率2%) ←(2019年9月30日まで!)

といった2重取りが可能となって、結果として合計で3%の還元率となります☆彡

 

さらに、簡単に3重取りもできる!

Kyashは、さらにコード決済(〇〇Pay)に登録することができます。

つまり、先ほど書いた2重取りの方法に加えて、
例えばPayPayにKyashを登録してPayPayで支払った場合、
PayPayのボーナス還元で0.5%が加算されるので、合計還元率は3.5%になります☆彡

・・・いとも簡単に、還元率が3.5%(^^♪

ただし、全てのコード決済に対応しているわけではないのでご注意ください。
「LINEペイ」や「d払い」などは登録できません!

いつも使うコード決済がKyashに対応しているかを確認してみてください。
もしKyashに対応していなかったら、これを機にKyashに対応しているコード決済をメインにするという選択がいいと思います。

※ご注意ください!
2019年9月30日まではKyashをQUICPayに登録して決済をすると2%の還元となりますが、219年10月からはこの方法は新しく始まるKyashポイント還元の対象外になるとのことです。

 

そして2019年10月から、Kyashは還元率1%へ

2019年10月からKyashの還元率が2%から1%に変更となり、これだけを見るとかなりの改悪となるわけですが、タイトルにも書いてあるとおり、それでも今後もKyashは使い続ける方がいいとTomは断言します!

その理由は、Kyashの改悪と時を同じくスタートする、政府の「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まるからです。

キャッシュレス・消費者還元事業とは、
消費税率引上げ後の2019年10月1日~2020年6月30日までの9カ月間に限り、中小・小規模事業者の店舗で、キャッシュレス決済を行った場合に、原則として5%(フランチャイズチェーン参加の店舗の場合は2%)のポイントが還元される政府の事業のことです。

参考サイト

消費者の皆様 TOP | キャッシュレス消費者還元事業
2019年10月1日の消費税率引上げに伴う需要平準化&...

 

つまり、2019年10月からはKyash単体では還元率1%となりますが、この「キャッシュレス・消費者還元事業」があることによって、還元率は最大で6%まで跳ね上がります☆彡

引用:https://news.kyash.co/post/187501433099/20190905

Kyash公式サイトにも、このように記載されています。

例えば楽天カードを紐づけたKyashのリアルカードを使って、「キャッシュレス・消費者還元事業対象加盟店」で決済をした場合、

・楽天カードでKyashにチャージ (還元率1%)
・Kyashの決済で、キャッシュバック (還元率1%)
・キャッシュレス・消費者還元事業で付与されるポイント (還元率MAX5%)

となり、最大で合計7%の還元率となります!

 

Kyashのお得な申し込み方法

ここでは、これからもしっかり活躍してくれるだろうKyashのリアルカードを申し込むには、どこから申し込むのが最もお得なのかを説明していきます。

Tomがいつもオススメしている「ポイント獲得ナビ」では、Kyashを検索すると2件しか出てきませんでした。(2019年9月現在)

引用:https://poikaku.com/item/13528

また、直近3ヶ月での獲得できるポイント数は、500円か200円で推移していました。

引用:https://poikaku.com/item/13528

つまり、現時点(2019年9月)では、「ライフメディア」からKyashリアルカードの申し込みをするのが最もお得ということになりますね。

 

※ポイント獲得ナビについては以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

最も還元額が高いポイントサイトはどこ? 一瞬で分かる「ポイント獲得ナビ」に登録しよう。
複数のポイントサイトの横断検索・案件比較ができ、誰でも簡単に希望する案件のMAXポイントを獲得することができる「ポイント獲得ナビ」のメリットを分かりやすく説明していきます。

 

 

まとめ

いかがでしたか。

2019年10月からKyashの基本のポイント還元率は1%になりますが、「キャッシュレス・消費者還元事業」のおかげで、引き続きKyashを使い続けた方がお得になるということが分かっていただけたと思います。

ただ、制度が変わる前なので、今の時点ではなかなか複雑で分かりづらい所もあるのが正直なところですね(*_*)

Tomはこれからもしっかり情報収集をして、少しでもあなたの役に立つ情報を更新していきますので、一緒にお得情報をゲットしていきましょう(^^)/

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました