【楽天ゴールドカード】を発行するなら 切り替え? 追加で2枚持ち? どちらがお得か経験談も踏まえて詳しく解説します!

“楽天ゴールドカード“

 

楽天市場をよく使う人なら、誰でもこのカードの発行を検討したことがあるはずです。

Tomも、けっこう楽天市場のヘビーユーザーを自認していながら、今まではずっとノーマルの楽天カードを愛用していました(^^;
(年会費無料だし、特に不満がなかったので)

ただ、もう数年も前から楽天ゴールドカードの方がけっこうお得らしい(*^^*)
ということを小耳に挟んでいたので、何度もカード発行を検討していたのですが、なかなか発行に踏み切れず。。

それが、この度ようやく楽天ゴールドカードを発行しましたよ☆彡

Tomの場合は、ノーマル楽天カードからの切り替えか、ノーマル楽天カードに加えて楽天ゴールドカードを追加発行するか、
この2択でずっと悩んでいました。

それぞれの方法にメリットデメリットがありますので、Tomの経験談も踏まえてこの記事で詳しく解説していきます!

 

 

スポンサーリンク

楽天ゴールドカードと楽天カードの違い

そもそも、なぜTomが楽天ゴールドカードを発行したのかというと、

ノーマル楽天カードよりメリットが多いから!!

の一言に尽きます(‘ω’)ノ (当たり前ですが(笑))

では、楽天カードよりもメリットが多い楽天ゴールドカードには、どんな特徴があるのでしょうか??

主だった特徴(楽天カードとの違い)は、以下の通りです。

 

年会費が2,200円(税込)かかる

楽天カードは年会費が永年無料となっていますが、楽天ゴールドカードは2,200円(税込)かかります。

完全にデメリットですね(^^;
これが、楽天ゴールドカードに入会をためらう最大の理由ですね(‘ω’)ノ

ETCカードの年会費が無料

楽天カードの場合は、ETCカードの年会費が550円(税込)かかりますが、楽天ゴールドカードは無料です。
ただし、楽天カードでも楽天PointClubの会員ランクが上がれば年会費が無料にすることができます。

無条件で年会費が無料になるのは楽天ゴールドカードだけなので、ETCカードの発行を考えている人には、メリットになりますね(^^
、、、Tomは、ETCカードは別で用意しているので、これはメリットになりませんが(‘ω’)

 

楽天市場での還元率が高い

楽天市場での楽天カードの還元率は最低3%となっていますが、楽天ゴールドカードの還元率は最低5%となっています☆彡

両者の差は2%!
この2%はデカいですね(‘ω’)ノ

これが、楽天ゴールドカードの最大のメリットではないでしょうか(‘ω’)ノ

 

空港ラウンジが使える

飛行機に乗るとき、楽天カードを持っていても空港ラウンジを無料で利用することはできませんが、楽天ゴールドカードを持っていると年間2回まで空港ラウンジを無料で利用することができます☆彡
(ただし、海外ではハワイと仁川空港ラウンジでしか使えないです(-ω-)/)

、、、Tomは、プライオリティパスや他のクレジットカードの付帯サービスで空港ラウンジには苦労しないので、これもメリットになりませんが(‘ω’)

 

つまり、、、

楽天ゴールドカードの主だった特徴(楽天カードとの違い)は以上ですが、

Tomの場合、実際に関わってくるのは
・年会費が2,200円(税込)かかること
・楽天市場での還元率が高い
だけでした。

そしてこの2つに絞って考えて考えた結果、
Tomは楽天ゴールドカードを発行した方がお得!!
という結論になったので、今回発行に至りました(^^

楽天ポイントは1ポイントあたり1円として使えるので、
楽天市場で年間11万円の買い物をした場合、
・楽天カード(還元率3%)=3,300ポイント
・楽天ゴールドカード(還元率5%)=5,500ポイント
となるので、その差は2,200ポイント(2,200円)となり、年会費がペイできる計算となります(‘ω’)ノ

つまり、楽天カードより楽天ゴールドカードを持った方が得するためには、

楽天市場で年間11万円以上の買い物をする!!

ということになるんです(‘ω’)ノ

Tomの場合は、楽天市場のヘビーユーザー(自称)なので、多分これまで毎年11万円以上は余裕で使ってきただろうなと思って、楽天市場の購入履歴を調べたところ、、、
面倒くさいので、2019年の1年分しか計算していませんが(^^;
何と平気で20万円以上の買い物をしていました(;’∀’)

こんなに買い物をしてるなら、もっと早く楽天ゴールドカードを発行しておいたら良かった。。。
と思ったのですが、見事に後の祭りです((+_+))

 

あなたが楽天ゴールドカードの発行を少しでも検討しているなら、

まずは楽天市場での購入履歴から、年間の利用金額を把握する!!

ということをするべきですね^_^

 

 

楽天ゴールドカードの発行

そしてここからが本題です!

楽天ゴールドカードを発行すると決めたけど、その発行方法をどうするか??
どうすれば一番お得に発行できるのか??

陸マイラーならずとも、ポイ活をしている人なら誰でも考えることですよね^_^
もちろんTomもしっかりリサーチして考えました!

Tomの場合は既に楽天カードを持っていたので、ここからは楽天カードを持っていることを前提として話を進めていきますが、

一般的なのは
楽天カードから楽天ゴールドカードへの切り替え
だと思います。

でも切り替え以外の方法として、楽天カードって
1人の名義で2枚目の本カードが持てる☆彡
という方法を知っていましたか??

Tomは楽天ゴールドカードを発行するにあたり、しっかりリサーチしたので、この2枚持ちという方法があるということを知りました。

切り替えと2枚持ち。。。
どっちが得なんだろう?( ゚Д゚)?

結論からいうと、今回Tomは2枚持ちを選びました!

以下、その理由と体験談を交えて、それぞれのメリットデメリットを解説していきます(-ω-)/

 

切り替えで楽天ゴールドカードを発行する

まずは切り替えた場合から。

切り替え方法:楽天e-NAVIから

楽天カードから楽天ゴールドカードへの切り替えは、楽天e-NAVIから簡単にできます。

 

楽天e-NAVIのトップページからログインして、

お申し込み(カード/サービス)タブから、カードの切り替え欄にある楽天ゴールドカードを選択する。
(Tomは既に楽天ゴールドカードを発行しているので、このスクショには載っていません(‘ω’))

あとは画面の説明に従って、現在持っている楽天カードの情報を入力するだけです。
はっきりいって、とても簡単です(*´з`)

因みに、楽天カードから楽天ゴールドカードへの切り替え手数料は無料です!
ご安心ください(^^♪

 

追加(2枚持ち)で楽天ゴールドカードを発行する

2枚持ちができる条件

実は2枚持ちは、楽天カード所有者の誰でもができるわけではなく、1つだけ条件があるんです。

その条件とは、

1枚目に持っているカードがVISAブランドのノーマル楽天カード

であることです!

(2枚持ちに興味があってここまで読んでくれて、この条件に当てはまらない方がいたら本当にごめんなさいです(T_T))

だから、なかなかいないとは思いますが、例えばすでに楽天プレミアムカードを持っている人が2枚目として楽天ゴールドカードを発行するということはできない、ということですね。

Tomの場合はこの条件をクリアできていたので、2枚持ちが選択肢に上がりました^_^

 

2枚持ちの方法:楽天e-NAVIから

追加で楽天ゴールドカードを発行するのは、こちらも楽天e-NAVIから簡単にできます。

切り替えた場合と同じく、楽天e-NAVIのトップページから

お申し込み(カード/サービス)タブから、カードのお申し込みにある楽天ゴールドカードを選択する。
(Tomは既に楽天ゴールドカードを発行しているので、このスクショには載っていません(‘ω’))

この後は、2枚目のカードの追加とはいえカードブランドも変わってくるので、個人情報を入力して申し込みをした時点でちゃんと審査も行われます。
でも、例えば支払いの滞納があったり、住宅ローンを組み始めたばかりというようなケースを除けば、ほぼ審査はパスできると考えていいと思います(^O^)/

 

2枚持ちをするメリットは?

では、楽天カードと楽天ゴールドカードを2枚持ちしたら、どんなメリットがあるのでしょうか??

Tomが考えるメリットは、こんな感じですね。

・カード番号の変更手続きをしなくていい
・使うブランドを選べる
・引落し口座を分けたり、用途別に使い分けができる

・カード番号の変更手続きをしなくていい

楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えた場合は、カード番号が変更となります。

これが地味に面倒くさいんです(-_-メ)

定期的な支払い(公共料金など)を楽天カードで登録していた場合、もしも切り替え後にカード情報の変更を忘れてしまうと、当然支払いが滞ってしまって、大事なクレヒス(クレジットカードヒストリー)に傷がついてしまいます(T_T)

もしそうなったら、今後クレジットカードやローンなどの審査が通らなくなる可能性が高くなります(T_T)
これは何としても避けないといけないやつです!

なので、Tomはカード情報の変更手続きは極力しないようにしてます。

Tomは、ノーマル楽天カードを定期購入の商品の支払いに登録しているので、楽天ゴールドカードに切り替えた場合のカード情報の変更手続きが面倒くさかったので、なかなか楽天ゴールドカードの発行に踏み切れなかったという理由もありました^^;

この手間が、2枚持ちをした場合は全くかかりません☆彡

今までの楽天カードのカード番号はそのままで、新しく楽天ゴールドカードの番号が増えるだけなのでカード情報の変更手続きは不要です(^・^)
(もちろん、変更したい場合は自由にできます(^-^;)

切り替えた場合の変更手続きのストレスが無いのは、Tomは2枚持ちの大きなメリットだと思います☆彡

 

・使うブランドを選べる

追加する2枚目のカードブランドが、JCBかmastercardから選べます(*^^*)

これも、嬉しいです☆彡

Tomの場合ですが、今まで街で買い物をする時、楽天カードを使おうとしてもVISAが使えなかったら楽天カードは使えなかった訳ですが、2枚持ちをするとVISAに加えてもう1つブランドを持てる訳ですよね^_^

今回、Tomは楽天ゴールドカードの方はJCBを選びました。
なので、今後はTomの楽天カードはVISAとJCBに対応することになるので、日本全国世界各国、どんなお店でもほぼほぼ楽天カードは使えるはずです☆彡

これも嬉しいメリットだと思っています(^O^)/

 

・引落し口座を分けたり、用途別に使い分けができる

1枚目の楽天カードと2枚目の楽天ゴールドカード、これらの引落し口座を別々にすれば、支出管理がとても簡単になりますね^_^

例えば、1枚目の楽天カードは、公共料金や電話代などの毎月の固定経費の支払い専用にして、引落し口座は〇〇銀行、
2枚目の楽天ゴールドカードは、楽天市場での買い物専用にして、引落し口座は〇〇銀行にする。

といったことが可能になるので、何にどれだけ使ったがとても分かりやすくなりますよね^_^

先月はネットショッピングをしすぎちゃったな。。。
ということも、一目で分かりますから^^;

ということで、、

Tomはノーマル楽天カード(VISA)と別ブランドの楽天カードもあったら使い勝手が良いと思ったり、カード番号の変更もしなくていいので、
最終的にTomが選んだのは2枚持ちでした!

そしてTomが2枚持ちを選んだもう1つの理由、
それは陸マイラーとして
“クレジットカードを発行するなら、一番お得に発行する!”
というミッションをクリアするためでした(*ノωノ)

先にネタバレをしておきますが、、、
今回はTomは完全にヘタを打ちました(*_*;

以下、そのヘタ打ちも含めてキャンペーンについて説明していきます(T_T)

 

楽天ゴールドカードの入会キャンペーン

引用:https://www.rakuten-card.co.jp/campaign/gold_card/?sclid=o_rkc_campaign_listing_pc

楽天ゴールドカードを公式サイトから発行して1回使うと、
今なら最大9,000ポイントプレゼント!!
と、華々しく書かれてあります(華々しいかは置いといて。。)^^;

先に言っておきますが、
すでに楽天カードを持っている人が楽天ゴールドカードに切り替えた場合は、
新規入会特典はありません!!!

・・・まあ、切り替えなんで、新規入会じゃないから、これは分かりますよね^^;

なので、切り替えの場合は、お得に楽天ゴールドカードを発行することはできません!
(稀に、不定期で切り替えの場合もキャンペーンをすることがあるみたいですが、基本的にはないです(*_*))

というわけで、楽天ゴールドカードを発行する場合は、切り替えではなく新規入会の1択しかないじゃん!
とTomは思ったわけです^^(陸マイラーの視点ですが^^;)

Tomが愛用している【ポイント獲得ナビ】でも、“楽天ゴールドカード”を検索すると、切り替えでの案件はなく、カード発行の案件しか出てきません。

引用:https://poikaku.com/item/5331

というわけで、なおさら楽天ゴールドカードを発行する場合は、切り替えではなく新規入会の1択しかないじゃん!
とTomは思ったわけです^^(2回目^^;)

だからTomは迷わず順位1位の.money(PC限定)¥5,556-でカードを発行しようと思ったわけですよ!

ちなみに、.money(PC限定)の楽天ゴールドカードの案件ページには、このように書かれています。

引用:https://aw.mobadme.jp/detail/?m_id=5702&c_id=35549

赤線はTomがつけましたが、カード発行だけで5,556マネーがもらえるんだなと、ちゃんと確認しました!

このページから、公式サイトに飛んでカードを発行すれば、.moneyで5,556マネーがもらえて、なおかつ公式サイトで最大9,000ポイントがもらえるんだな(^^)/
おいしいな(^^)/

と思って、そしてちゃんとこのページから楽天ゴールドカードを発行しましたよ!!

・・・でも現実は、、、.moneyの方も公式サイトの方も、両方ポイントがつかなかったんですよ(T_T)

何でだよっ!!(# ゚Д゚)!!
と思って色々調べてみたら、、、

過去に楽天カード(種類を問わず)を発行していたら、2枚持ちとして楽天ゴールドカードを発行しても、楽天カードの“新規”発行とはならない。

つまり、
楽天グループのカードの中で新規発行という形でないと、上記のポイントはもらえない。

という結論に達しました。

楽天ゴールドカード自体の発行は初めてだから、新規発行になるよね?(^・^)?
2枚持ちでもポイントはもらえるよね?(^・^)?

と、前向き(?)に考えていたTomの考えは見事に打ち砕かれたわけです(T_T)

・・・でも、年会費無料の楽天カードの発行もせずに、いきなり年会費がかかる楽天ゴールドカードを初めて申し込む人なんて、
そんな人いるか???? (もちろん、中にはいるでしょうが(^^;))
こんなポイント案件、誰でも引っかかるっぺ(怒)

という恨み節が出てしまったんですが、全てはTomのリサーチ不足のせいなので、グッと我慢をしました。。
当たり前ですが(-_-メ)

 

結論

というわけで、
楽天ゴールドカードを発行するなら、切り替えか追加で2枚持ちか、どちらの方がお得なのかということは、
もらえるポイントについては、どちらも変わらない。。。
でした(-_-メ)

ポイントが変わってくるのは、
完全新規で楽天関係のクレジットカードを発行する場合のみ!
です。
(その場合は、「楽天ゴールドカード 新規入会キャンペーン」で検索すればいいです(^^;))

 

Tomの場合は、楽天市場以外の日常でもけっこう楽天カードを使っているので、カードブランドを新しく選べるというのはとても魅力的だったので2枚持ちにしましたが、クレジットカードの所有枚数が増えることに抵抗がある人は切り替えの方がいいでしょうね。

つまり、
切り替えか2枚持ちか、どちらの方がいいのかというのは、
あなたが楽天ゴールドカードをどのように使っていくのかを明確にすれば、おのずと決まってくるということですね(^・^)

そして最後にもう一度言いたいのですが、

普通に楽天市場で買い物をしてるだけなのに、
楽天ゴールドカードを使っていたら、楽天スーパーポイントが鬼のようにたまる(*ノωノ)
もっと早くに発行しておけばよかった。。。

とTomはつくづく感じているので、

あなたが楽天ゴールドカードの発行をためらっているなら、
ためらうな!!発行するんだ(‘ω’)ノ

と、精一杯あなたの背中を押してあげたいです(笑)

 

 

この記事が、あなたの参考になれば幸いです(^・^)

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました