【2020年7月】ザ・リッツ・カールトン大阪のクラブフロアにSPGアメックスを使って家族4人で宿泊☆

【ザ・リッツ・カールトン】

SPGアメックスを持っている人なら当然ご存知だと思いますが、この世界を代表する高級ホテル、
今回はそのリッツカールトンの中の
“ザ・リッツ・カールトン大阪”
にコロナ禍がまだ治まっていない2020年7月に宿泊してきましたよ☆彡

なぜリッツカールトン大阪に宿泊したのかというと、
リッツカールトン大阪のクラブフロアのラウンジを利用したかったから(^O^)/
です!

リッツカールトン大阪のクラブフロアのラウンジは、フードプレゼンテーションという通常時は1日5回も食事を楽しむことができる素晴らしいサービスがあるので、
今回はこのフードプレゼンテーションを堪能してきました(^^♪

コロナ禍のなかで、ホテルのサービスの提供方法にも色々な変化がありましたが、そのあたりも含めてしっかりとレポートしていきますね(^^

 

 

スポンサーリンク

ザ・リッツ・カールトン大阪

言わずと知れた世界的高級ホテルグループの“ザ・リッツ・カールトン”
ザ・リッツ・カールトン大阪は、1997年にオープンした同ブランドの日本で最初のホテルです☆

この重厚感のあるエントランスが素敵ですね(*^^*)

そして1Fフロント前のロビーには、これでもかというように胡蝶蘭が鎮座していました(^^)/

フロントから奥に進むと、暖炉やソファーがあるエリアとなっています。
こんな豪華なロケーションはなかなかないので、記念にTomの家族で写真を撮りました☆彡

 

“SPGアメックス”の無料宿泊特典を活用して宿泊予約

今回、Tomは“SPGアメックス”の無料宿泊特典を活用して、ザ・リッツ・カールトン大阪に泊まりました☆
「活用して」というのがポイントなんですが、そこをしっかり説明していきます(^^)/

まず、SPGアメックスを継続していると、毎年もらえる“無料宿泊特典”

【SPGアメックスの継続ボーナス “無料宿泊特典”とは・・・】

・カードを継続していれば、毎年もらえる!
・1泊1室(スタンダードルームに限定)、大人2名まで(ホテルによっては、子どもの添い寝もOK)
・利用除外日が無い!
・50,000ポイントまでのカテゴリーのホテルなら、どのホテルでも使える!(MAXカテゴリー7まで!)

ざっくりいうとこんなメリットがあるんです☆
詳しくは、こちらの記事もご覧ください(^^)/
めちゃくちゃお得なカードなので、まだSPGアメックスを持っていない方は、ぜひこの機会に入会することをオススメします☆
【2020年最新】SPGアメックス入会キャンペーンの解説!メリットとデメリットも体験談と一緒に解説します。
陸マイラーの皆さんに大人気のSPGアメックスについて、Tomが実体験に基づいてメリットとデメリットを詳しく説明。また、ベストな入会方法についても詳しく説明しています。

 

そして、マリオットボンヴォイにおけるザ・リッツ・カールトン大阪のホテルカテゴリーはというと、
カテゴリー7
です☆

カテゴリー7の無料宿泊での必要ポイントは以下の通りです。

オフピークスタンダードピーク
50,000P60,000P70,000P

ということは、オフピークなら無料宿泊特典を使うことができるわけです!!

 

ということで、まずは無料宿泊特典を利用して宿泊するために、
マリオットボンヴォイのゴールド会員用のフリーダイヤルにTELをしました(^^)/

・0120-925-759 (ゴールド会員/プラチナ会員用)

ちなみにですが、
小さなお子さんがいる方で、添い寝を希望する場合は、
マリオットボンヴォイのアプリや公式サイトでは添い寝のリクエストができません!!
ので、こちらのフリーダイヤルを活用しましょう(^^)/

Tomの場合、いつも添い寝希望なので、宿泊予約をする場合は必ずこのフリーダイヤルを使います(色々な相談も聞いてもらえるし)☆彡

そしてオペレーターさんに希望を伝え、滞りなく無料宿泊特典を使って宿泊予約ができたら、このようなメールが届きます。

上の説明でも書きましたが、無料宿泊特典の場合はスタンダードルーム(スーペリアルームとも言います。)しか対応していないので、ルームタイプはSuperiorになっています。

※ちなみに、Total for Stayで600JPYとなっているのは、宿泊保証金で600円払っていますよ、ということです。

 

クラブフロアにアップグレード希望

そしてメインはここからです!!

今回の目的は、ザ・リッツ・カールトン大阪のクラブフロアのラウンジを堪能することだったので、上記フリーダイヤルでの予約時に、オペレーターさんにクラブフロアにアップグレードしてほしいとお願いをしました。

予約時に言われたことは、
・アップグレードは有料になること
・ホテルにアップグレード希望は伝えるが、当日チェックインの時にしか対応可能か分からないこと
を言われました。

もちろん承知の上です(‘ω’)ノ
この後にホテルからの確認メールが来るので、そこで本格交渉の始まりです(‘ω’)ノ

まず、ホテルから新型コロナウィルスの影響で館内施設における営業方針に変更が生じているという案内メールが来ました。

こんな内容でした。

Tomはこのメールに返信して、
今回はクラブフロアに宿泊したいと考えているので、現状でアップグレードできるかを聞きました。

その返信がこちら。

そしてその続きで、クラブラウンジサービスのサービス内容が書かれていました。

 

こんな感じでした。

まず思ったのは、
アップグレード料金、高くないか?(*_*)?
ということ。。。

Tomは、事前に他の方々のブログ等をリサーチしていたのですが、
クラブフロアに有料でアップグレードしてもらう場合、
追加料金が1部屋で23,000円とか25,000円とかという記載が目につきました。

なので、Tomが提示された44,275円というのは、、、
高すぎる・・・(*_*)
というのが率直な感想。。。

さらに、コロナの影響があるのは分かるのですが、
一番の目的である
“フードプレゼンテーション”の回数が、1日4回?(*_*)?

フードプレゼンテーションは1日5回じゃないの?(*_*)?
リッツカールトン大阪の公式サイトにも、1日5回としっかり書いてあるのに・・・

https://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/japan/osaka/rooms-suites/club-level

・・・ほら、書いてあるでしょ?(+_+)?

フードプレゼンテーション目的でクラブフロアに宿泊しようとしてるのに、
その回数が1回減って、それでいてアップグレード料金が高いというのは、、、

納得いかんぜ!(-ω-)!

ということで、Tomはメールを返信しました!

失礼を承知で伺いますが、
他の方のブログでは23,000円ほどでクラブフロアにアップグレードできたと記載がありました。
その時とは事情が違うとは思いますが、もう少し安い料金でクラブフロアにアップグレードはできないのでしょうか??

・・・こんな感じの内容です。(自分で言うのも何ですが、だいぶ失礼な申し出だと思います^^;)

すると、再度返信がありました。
その内容がこちら。

まあ、平たく言えば、44,275円より安くでアップグレードはできませんよ(-_-メ)
ということですね。。

・・・無念( ;∀;)

Tomは諦めて、44,275円でアップグレードをお願いしましたよ( ;∀;)

 

今度はチェックイン時の無料アップグレードを狙う!!

上で書いたように、有料のアップグレード料金を安くしてもらうことは諦めました(-_-メ)

でも今度は、リッツカールトン大阪のチェックイン時に、クラブフロアでの無料アップグレードを期待して、
ホテルへのメールの返信に
もし当日、クラブフロアの部屋が空いていて、無料でアップグレードをしてもらえるならとても嬉しいです☆彡
と、一言書き添えておきました(笑)

そしてリッツカールトン大阪のチェックイン当日、
(いつもマリオットボンヴォイのホテルに泊まるときは、無料アップグレードを期待してドキドキするんですが^^;)
恒例のドキドキを抱きながらチェックインをしました!!

結果は、、、
見事に無料アップグレードは無し!( ;∀;)!

ショック!(T_T)!
表情には出さず、努めて普通にチェックインをしていたつもりですが、もしかしたら狼狽していたかも(笑)

無料アップグレードについては、Tomはいつも思いますが、
くじ引きみたいなもので、
“アップグレードしてくれたら儲けもの”くらいに考えておいた方がいいのは分かっているのに、
どうしてもアップグレードをしてくれる前提で期待してしまうので、アップグレードが無かったときはけっこう凹んでしまいます(^^;)

これは、マリオットボンヴォイのあるあるではないでしょうか?笑?

 

 

クラブスーペリアルームの様子

クラブフロアの部屋はリッツカールトン大阪の33階から35階にあって、クラブラウンジは34階にあります。

今回Tomたちが泊まった部屋は、クラブラウンジと同じ階の34階でした。

ルームキーにもクラブラウンジのプリントがされていましたよ☆

そして、部屋の中はこんな感じでしたよ☆
かわいい天使たちがあちこちを探索していました(^^)

事前リクエストで、ベビーベッドも用意してもらいました☆
ホテルによってはベビーベッドは用意してくれても、布団や枕は持参しないといけないという所もありますけど、リッツカールトン大阪はさすがです!
ちゃんとフル装備を用意してもらえました☆

 

部屋からの景色

部屋は34階なので、かなり遠くまで見通せました(^^ゞ
西向きだったので、淀川もしっかり確認ができたので、淀川花火大会もよく見えるだろうなー、こんな部屋から見てみたいなー、
と、Tomは一人で妄想をしていました(笑)

 

バスルーム

バスルームのシンクは、なんと2台並んでいました(+o+)

これにはやられました(^^;)

Tomはマイホームを建てるとき、この2台並びのシンクにしたかったのですが、予算オーバーで撃沈したことがフラッシュバックされました(^^;)
← 本当にどうでもいい話。。。

バスタブはこんな感じです。
イタリア製の大理石でできているらしいです( ゚Д゚)
それを聞いただけで、高級感がプンプンしましたね(^^;)

バスタブの反対側にはシャワールームもありました。

シャワーを浴びるだけならいいと思いますが、身体を洗ったりするには少しスペースが狭いと思ったので、今回はTomたちは使用せず。。。

 

トイレはこんな感じです。

トイレのふたがセンサー付きの自動開閉になっていて、そのセンサーがとても感度がいいみたいで、トイレではなくバスルームに入るだけでふたがパカパカ開閉してくれていましたよ(^^;)
さすがリッツカールトン大阪(^^;)

 

アメニティ

リッツカールトン大阪のアメニティは、“Asprey”です☆彡

リッツカールトンのアメニティといえば“Asprey”
というほど知っている人からすればお馴染みの英国王室御用達のラグジュアリーブランドです(#^^#)

シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、
とそれぞれたっぷり50mlも入ったセットがなんと2セットも用意してくれています(^^)/

嬉しい! とても嬉しいです(^^)/

もちろん、1セットは使わずに家に持ち帰りました(^^♪
←何がもちろんなのかは置いといて(^^;)

そして、Tomの奥さんがいつも使っている洗顔フォームを持ってくるのを忘れたので、

よし! 洗顔フォームってありますか?(‘ω’)?

って聞いてみよう! と、少しビビりながら(笑)フロントデスクにTELをしたら、

すぐに洗顔フォームを持ってきてくれました☆彡

しかも、洗顔フォームだけじゃなくて、スキンケアセットという素敵なセットで持ってきてくれたんですよ(*^^*)

何という親切! サービス! 心遣い!
素敵です☆ さすがです☆ リッツカールトン大阪☆☆彡

 

飲み物やおつまみ関係や冷蔵庫の中は、こんな感じでした。

ただしクラブフロアの場合は、クラブラウンジでおなかいっぱいご馳走になるために、部屋での飲食はご法度です(/・ω・)/ (←あくまでTomの独断です(笑))

 

また、Tomが事前に幼児同伴ということをホテルに伝えていたからでしょう、
とても可愛いパジャマも用意してくれていましたよ(*^^*)

何という親切! サービス! 心遣い!
素敵です☆ さすがです☆ リッツカールトン大阪☆☆彡
↑2回目(笑)

 

 

クラブラウンジ

さてさて、ようやく今回の本題のクラブラウンジについてです(^-^;

この記事の最初にも書きましたが、今回の宿泊の目的は
「クラブラウンジを満喫しまくること」
でした(^^)/

以下、詳細レポートをどうぞ☆彡

 

フードプレゼンテーション

クラブラウンジは、34階のエレベーターを出てすぐ横が入口になっています。

ワクワクしますね(*^^*)

ここでどれだけ食べて飲んで、堪能できるのか(*^^*)
いざ、勝負だ!(/・ω・)/!

ただ、既に紹介した通り、今回はコロナの影響で、通常時は1日5回あるフードプレゼンテーションが、この時期は1日4回しかないという状況でした(+o+)

部屋にもお知らせとして書面が置かれていました。

平日はすべてのプレゼンテーションが、34階のクラブラウンジではなく、1階イタリア料理「スプレンディード」で行われるとのこと。

全くクラブラウンジが使えないのは、いくらなんでも味気ないなと思いました(-_-)
Tomたちは土曜日宿泊で良かったです(*^^*)

Tomたちがチェックインをしたのは14時くらいだったので、食べていった順番に紹介していきますね(^O^)/

 

アフタヌーンティー

チェックインをして部屋に荷物を置いて、ほんの一息ついただけで、14:30からのアフタヌーンティーに一目散に向かいました(笑)

当然、Tomたちが行った時はノーゲストだったので(笑)、クラブラウンジ内の写真をパシャパシャ(^^

大変僭越ながら、Tomたちはこちらの中央の一番良さげなソファーに座らせていただきました(*^^*)

そしてTomは少し高揚していたので、さっそくビールを注文させていただきました☆彡

昼間から高級ホテルで飲むビールは、まさに最高(^O^)/

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました